ガーデニングに悪影響を与える害虫のタイプとその駆除法

ガーデニングに取り組んでいく上で、悪い意味で常に付き合っていかなければならない存在、それが害虫の類です。特にマイホームで庭造りに取り組む時、外からやってくる害虫は大変厄介なものです。発生源が庭のさらに外側にあり、その源を絶つ事が出来ないからです。ですから定期的に庭木や草花に農薬を散布し、駆除に努めなければなりません。ガーデニング時にこれらの対象となる害虫には幾つかのタイプがあります。一つは地上の幹や茎、葉や花に着き樹液を吸ったり食害するタイプで、アブラムシや地上性の蛾や蝶の幼虫等がこれに当たります。これらは一般的に農薬の直接噴霧で駆除出来る事が多いものです。一方庭木や草花の根元あるいは地中の根に着くタイプは農薬が届き難く、厄介です。根を食害するヨトウムシの幼虫やナメクジ、そして人間にも危害を加えるムカデ等がこれに当たります。これらには粒剤タイプの農薬を地面に置くか直接補殺する等して、地道に対処してゆく根気強さが求められます。

無農薬でガーデニングを行っている場合の害虫退治方法

最近、ベランダや庭先などで無農薬野菜のガーデニングを行って楽しんでいる人が増えています。自分の食卓に上がる野菜ですから、是非無農薬のものにしたいと考える人は多く、その場合の害虫退治には一番頭を悩ませるところです。育てている野菜の数が少ない場合は丁寧に1つ1つ自分で虫を取っていく方法でもいいのですが、数多くの野菜を育ててる場合や、あまりにも多くの害虫の駆除が必要な場合は、農薬で一気にカタをつけてしまいたくなります。最近は野菜用の低農薬のものが販売されているので、それを利用すると簡単です。しかしどうしても無農薬にこだわりたいなら、木炭を作る時に生成される木酢液というものを使ってみるといいでしょう。木酢液は強いスモークの香りがする液体です。この成分や香りを害虫がとても嫌います。表示通りに薄めて、こまめにスプレーすればやがて虫はいなくなってしまいます。木酢液はお風呂の入浴剤や水虫対策、イボの治療などにも有効活用出来るので、試してみるといいでしょう。

pickup



2020/3/4 更新

『ガーデニング 害虫』 最新ツイート

@R_L_bot_type_Re

次の文字列を順に選んで幼虫がガーデニング植物の葉肉に入り込んで食害する害虫の名前にしなさい(理順)→ ハモグリバエ

1日前 - 2021年02月27日


@R_L_bot_type_Re

次の文字列を順に選んで幼虫がガーデニング植物の葉肉に入り込んで食害する害虫の名前にしなさい(理順)→ ハモグリバエ

3日前 - 2021年02月26日


@j_touchan

同じ場所で同じ科の野菜を続けて作るとある特定の病原菌や土壌に生息する害虫の密度が高まり、土中の栄養バランスがくずれ、生育に悪影響が出る…連鎖障害というやつですね。 #bioliquid #植物 #切り花 #花 #野菜… https://t.co/o9IOWSO4Cv

6日前 - 2021年02月23日